憎き中性脂肪をやっつける【オメガ3を摂取して健康な体をつくろう】

微笑む女性

血管や心臓・脳に効く

女の人

突然死のリスクを下げる

オメガ3にはDHAやEPA、そしてα-リノレン酸などの種類があります。このうちDHAやEPAはサンマやイワシなどの青魚にたくさん含まれています。一方α-リノレン酸は亜麻仁油やエゴマ油、そしてクルミなどに多く含まれています。オメガ3には血液をサラサラにして血行をよくするという性質があります。このため血栓の予防に効果的で、脳卒中や心筋梗塞などによる突然死のリスクを下げることが可能です。さらに、オメガ3の投与によりアルツハイマー型認知症を発症した人の症状が回復に向かったという研究もあるので、これからもオメガ3は血管や心臓、そして脳における疾患の予防と改善のために大いに活用されていくことと期待できます。

加熱すると効果が弱まる

オメガ3は先述のとおり青魚や数種類の植物油、そしてナッツ類などに豊富に含まれています。ところがオメガ3は加熱調理に弱いという性質を持っているのです。そのため、青魚の場合でも植物油の場合でも、加熱して料理したものよりも生の方がよりオメガ3をたくさん摂れるということになります。しかし生の青魚や植物油を毎日大量にとるというのは難しいことでしょう。ナッツ類も炒めたり揚げたりしてあるものが多く、またカロリーの高い食品なのであまりたくさんは食べられません。そこで、オメガ3を摂りやすいようにつくられたサプリメントを利用すれば、カロリー過多になることもなく効果的にオメガ3の摂取を続けることができます。DHAやEPAのサプリメントでも、青魚特有の臭いなどはないため継続して飲みやすいものになっています。